破産申請までの期間は訴訟行為などといった司法的手続きは許されます。とりわけ自己破産申請の作業に入ったあと提出までに手数があったときには債権者から提訴される危険性が高くなります。債権者サイドとしては残金の支払いもされないで、重ねて自己破産などの法律の対応もされないといった状況であると会社内部で処理を遂行することができないのです。要は訴訟によってどんな判決がなされようが破産手続きの申立者に債務を払う資金はありません。取り立て会社もそれは認知済みで提訴というような強引なやり方で、うまく和解にさせ完済させるとか債務者の肉親や親族に肩代わりしてもらうということを考えているケースも見受けられます。(注意)平成17年からに改正がなされた新しい破産の法にもとづき破産の申し立ての後は差し押さえなどといった法の要請については実効性がなくなることになりました。とういうことなので、従来の破産法の際とは異なって訴訟行為などをしようとも無効になると思われるから実際に提訴をしてくる取り立て会社は完全にいなくなると思います。そういった意味でも、西暦2005年の1月1日の改正で破産制度は従来と比べて用いやすくなったと思います。返金督促によるケースにおいて支払督促と呼ばれているのは国が負債者に対して債権の返却を行いなさいという要求です。オーソドックスな審議をするケースと異なり、債権者の片側通行な意見を受けて行われるためスタンダードな提訴のように期間と代金がかかりすぎないので債権者がよく用いる法的な手法です。督促の手続きがあると裁判所によった督促状が送られることになって、その通知が配達されてから14日間が経過した場合業者は債務者の財(給与も含む)に対し差押え要請が実行できるようになるということです。支払督促に抗して異議の申請をすることが可能なら、普通の審理に変化することになります。(補)一般の審議は時間がかかりがちですから、免責判定までには裁定が出ない可能性が高くなることは知っておきたいです。