為替介入(外国為替市場介入)という言葉は耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、雑誌記事、テレビのニュースグーグル等の記事で目にしたみなさんも多いと思います。最初から為替介入(外国為替平衡操作)といえば日本では、・大臣(財務大臣)為替レートの沈着を実現させるために行なう戦略ということで考えられています。わかりやすく言うと、極端な円高もしくは円安になった時に財務大臣の言いつけによって日銀が円を売買することで相場を安定させることを言います。為替の介入にはいくつか方法があります。1.単独介入・・・行政や日本銀行が東京での市場で市場に入って外国為替市場介入(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが協議のうえで、それぞれの銀行などが資産を利用して同じタイミングないし時々外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。3.委託介入・・・他の国の銀行などへの外国為替平衡操作(為替介入)を委託する。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の通貨当局に代わり為替介入を実行する。こんな方法です。どの場合の為替の介入もその場、または継続的に為替市場にとても影響力を与えるのです。介入の額はさすが自国の誇りをかけているのですからスケールが大きいです。円を例にみると、普段は数銭単位で動く円レートが急に数円ずつの変化をします。投資家の人であれば一回くらいは体験したと思うのですが、これまでは見込み通り利益(あるいは損失)を増やしていた保有高を持っていたにもかかわらず、維持している持ち高が決済しましたといった情報が外為の会社からEメールが。どれだけ儲けが出たのかな(損したのかな)?と考えつつ決済された情報を見たら自分の中で期待していた結果とは逆の事態に目を丸くしたという話があったのです。為替介入(外国為替平衡操作)が実施された時によくあることなのです。以上のように為替の介入が実施されることで、為替の動向とまったく逆の動向をすることがわかりました。それだけでなく動く金の大きさは非常に大幅に変化しますので用心しましょう。