クレカ使用料の振り替え遅延が頻発する:支払いの不履行をしていなくともカード代金の銀行振替日時点において銀行残高が不足し振り替えがされない問題がひっきりなしに発生している時は、カード会社側が『常に預金不足である』と想像してくるために強制退会といった事態になることがある。資金はたっぷり有しているのについ忙しくて振り替え不可になったしまったことをしていてもカードの発行会社からしてみれば信頼の置けないクレカメンバーという扱いにされてしまう恐れがあるために他社からの借入をしているか否かによらず失効という扱いになる時もありうるために要注意です。だらしない会員に対する採点というのは言わずもがな良くはないのですから。さらに言えば、一回でもこんな料金の引き落としができないケースが発生すると、クレジットの利用期限まで決済できても次からの再契約がしてもらえないケースもある。重大なことであると把握し支払日については必ず覚えておくようにしたほうが良いです。クレジット現金化を利用する:クレジットカードのキャッシング可能額がいっぱいで、もうサラ金からキャッシュを借りられないためにクレカ現金化などというようなクレジットのショッピング額を利用した手段などを利用するとその事実だけでカードが没収という扱いになる事例があるのです。元を正すとカード会社では契約内容にて換金目的のクレジットカードでの決済というもの許していないので、クレジットを現金化する利用=規約違反=没収となったとしても不思議な話ではないのです。つい経済状況が厳しいからといってキャッシュ化などというものを使ってしまうと、支払い残の一括支払い請求等を受けてしまう例も存在するようなので、まず関わらないようにしてほしいです。